プロショップケイズカップは今年で20回大会を迎えることになりました。
 20周年の大会を開催できるのは、ひとえにお客様方メーカー様などのご支援ご厚情の賜物と心より感謝しております。
 開催されました11月23日はあいにく朝から強風となり、残念ながらボート部門の開催は延期となりました。
 大会会場付近は風裏の為、岸釣り部門の開催は予定どうり行ないました。
岸釣り部門約130名の方にご参加頂き、水温の低下によるタフコンディションでありながら多くのバスがウエインされました。
 12月11日に延期となりましたボート部門では、寒さが一段と厳しくなったコンディションにも関わらず、約120名以上の方々にご参加いただきました。強風のため表彰式の途中で急遽解散をすることになり、抽選会が出来ないというアクシデントもありました。選手の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

 大会にご参加頂きました選手の方や当日ブースを出展して下さったメーカー様及びご協賛頂きましたメーカー様、マリーナ様に大変感謝しております。
 晩秋の大会でありながら、これだけの方々にお集まり頂き、スタッフ一同胸を熱くしております。来年も益々盛り上がるケイズカップが開催できますよう努力して参ります。ご参加頂きました選手の方やメーカー様。この度は誠にありがとうございました。

大会委員長

ボート部門

優勝 安斎 祐一・佐伯 大輔 選手

3匹 4,300g
小高干拓のテトラで競技時間内をひたすら流しながら釣りをした。ワームでは釣りにくい手ごたえがあったのでメインはハイピッチャーを使用しました。
小高干拓の2往復目、12時30分頃にシャッドで1935グラムのビッグバスを釣る事ができました。
6バイト3フィッシュのバスを釣る事ができました。

準優勝 町田 素直・増田 一樹 選手

5匹 4,180g
麻生のドック前にあるテトラで11時までねばって釣りをした。リトルレインズホッグで4匹釣る事ができた。
11時以降は少し下流のジャカゴにスモラバで1匹を追加してリミットメイクをする事ができました。

第3位 平川 皓也・内海 昭 選手

3匹 3,430g
霞ヶ浦の全域を回った。ジャークベイト(ラトリンログ)をポーズを入れずに強くジャークさせて釣りをした。
特にリップラップがあるエリアを回った。でかいバスだけを狙って釣りました。

第4位 澤田 和昭・小川 公康 選手

3匹 2,910g
西浦のリップラップでミノーとシャッドで釣った。
先週のマリーナのトーナメントに参加して5位だった釣り方と同様でした。

第5位 大高 哲也・西村 嘉高 選手

3匹 2,900g
本湖全域でリップラップをメインに釣りをした。
先週は大きなバスは水深30cm前後のシャローで釣れていたのでシャローを意識した。
特に水通しが良いエリアは反応が良かった。
ゲーリーヤマモトの3インチ、ヤマセンコーを3.5gのライトテキサスを使いました。
おめでとうございます!!

順位 名前 匹数 重量(g) BIG(g)
1 安斎 祐一 佐伯 大輔 3 4,300 1,935
2 町田 素直 増田 一樹 5 4,180  
3 平川 皓也 内海 昭 3 3,430  
4 澤田 和昭 小川 公康 3 2,910  
5 大高 哲也 西村 嘉高 3 2,900  
6 清水 隆男 井上 大輔 2 2,375  
7 藤田 幸一 渡部 博昭 3 2,055  
8 篠塚 亮 平泉 康成 3 2,045  
9 吉原 健司 内野 智 2 1,660  
10 髙木 英行 片山 秀一 2 1,475  
11 齋官 淳 伊早坂 勝憲 1 1,405  
12 永尾 啓二 中野 道夫 1 1,400  
13 坂田 泰信 鈴木 将之 1 1,360  
14 上居 蔵人 萩原 裕己 萩原 将己 1 1,160  
15 今井 新 山崎 誠 1 1,130  
16 飯田 秀明 根本 慎介 1 980  
17 北田 朋也 安江 勇斗 1 940  
18 富村 貴明 鈴木 良信 1 935  
19 笹沼 義之 工藤 美智夫 1 880  
20 日向寺 護 五十嵐 圭介 1 730  
21 斉藤 徹 中西 一政 1 720  
21 清水 治 1 720  
23 江尻 悠真 小西 孝 1 685  
24 石毛 洋一 門脇 博史 1 630  
25 小野田 大輝 門家 照泰 1 605  
26 室園 貴光 皆葉 勝美 1 600  
27 江尻 勝 加藤 浩明 石川 勝也 1 505  
28 井上 泰徳 1 370  
(敬称略)
上記以外の方は残念ながらノーフィッシュでした。

 
 

岸釣り部門

優勝 上西 渉介 選手

1,102g
夜越川の少し上流側で9時00分ぐらいに釣れました。なるべく人が少ないエリアを選びましたが、夜越川は水の色が悪かった。
プロセンコー(ソリッドブラック)1/16OZで釣れました。

準優勝 花香 謙治 選手

1,060g
テトラの穴打ちで釣れました。レッグワーム2.5インチ(ジュンバグ)のダウンショットでした。大会中はこのバス以外のバイトは無く、釣れたサイズが良かったです。

第3位 久保 守 選手

955g
夜越川の出口付近にある2本の鉄のポールを狙い続けた。10時00分ぐらいにようやくバイトがあった。4.5インチのカットテール/ノーシンカーで回遊しているバスを釣りました。

第4位 六﨑 優人 選手

790g
とにかく遠くまで歩きました。麻生の沖テトラ付近まで歩き、HPシャッド2.5インチのダウンショット(1.8グラム)で釣りました。

第5位 髙橋 和也 選手

710g
下流のテトラの穴打ちで釣りました。レッグワームの2.5インチのダウンショットでルアーのアクションに緩急をつけてリアクション釣りました。
おめでとうございます!!

順位 名前 重さ (g)
1 上西 渉介 1105
2 花香 謙治 1060
3 久保 守 955
4 六﨑 優人 790
5 髙橋 和也 710
6 安藤 孝浩 705
7 大倉 友彦 690
8 上原 充惠 685
9 日向寺 護 680
10 市毛 崇 665
11 伊藤 康範 650
12 中山 翼 645
13 相馬 つよし 630
14 髙安 慎司 625
15 石川 一光 620
16 泉 清史 615
17 藤原 康裕 600
18 戸村 亮平 595
19 平山 貴玄 585
20 松村 寛 580
21 牧野 忠 540
22 岩瀬 雄三 520
23 根本 薫 510
24 磯山 康 495
25 髙橋 敏行 470
26 名雪 聖矢 465
26 伊能 正勝 465
28 矢城 友裕 445
29 佐々木 有美子 440
30 仲田 幸弘 430
31 上原 昭彦 420
32 八幡 晃一 385
33 木下 武 360
34 吉澤 晃 235
35 塩津 政美 200
36 森田 祥史 195
37 金澤 俊一 155
38 岡本 正己 140
39 田鍋 秀和 110
40 柿澤 明美 105
(敬称略)
上記以外の方は残念ながらノーフィッシュでした。

 
 

協賛品をいただきましたメーカー各社です。 (順不同・敬称略)
ありがとうございました。
(株)レイン (株)キサカ
(有)エバーグリーンインターナショナル 岡田商事(株)
ピュアフィッシングジャパン(株) アングラーズリパブリック(株)
フィッシングガレージブラック (株)モーリス
(株)トップマリン メジャークラフト(株)
(株)ジムクォーツ (有)OSP
(株)デプス 本多電子(株)
(株)がまかつ カハラジャパン(株)
(株)ウォーレン・クインテセンス 日本サプライ(株)
ゲーリーインターナショナル(株) ブイロクマリンサービス(有)
レンタルボート松屋 オフト(株)
(株)スミス マルキュー(株)ウエルエフ事業部
(株)ティムコ (株)サンライン
(株)ツネミ エンジン事業部 (株)NOIKE
(株)ガイア BMC
バスマーク 利根リバー レンタルボート
ハーツマリン カスミデザイン
ニッチベイツ ルートフィッシング


【大会概要】

日程 2016年11月23日(水) ※ボート部門は12/11に順延
場所 牛堀公共桟橋
時間

岸釣り部門 AM6時30分から
ボート部門 AM7時00分から 受付開始予定

エリア

ボート
・霞ヶ浦・北浦、全エリアOK
・横利根川は大曲手前までOK(水門が開いている場合)
・各流入河川は水門を開けての進入禁止
・基本JB/NBCルールに準ずる

岸釣り
・ 牛堀桟橋より公道(車道)へ出ての移動禁止。
・ 車や自転車等禁止。徒歩のみ。

ルール

ボート
・バス5匹による総重量 キーパーサイズ無し
・1艇1チームの総重量
(船の定員数内であれば何人でもOK)

岸釣り
バス1匹による重量 キーパーサイズ無し

参加費 ボート…1人¥3,000   岸釣り…¥1,000
その他注意事項

※ボートでの集合は、会場付近が住宅地の為、朝はエンジンを切りエレキで集合して下さい。岸釣りの方は、駐車場が少ないため、なるべく乗り合わせの上ご来場下さい。
※今年もボート部門は1艇1チームとさせて頂きます。


 

【お申込み・お問い合わせ】

プロショップケイズ佐原店 0478-55-1969
ボートファクトリー直通 090-4715-4163

Copyright (C) K's.,Corporation. All Rights Reserved.